インターネットファックス.net

インターネットファックス.net《受信料・送信料や月額料金を比較!》

インターネットファックス.net《受信料・送信料や月額料金を比較!》

◆インターネットFAXサービス会社の料金比較

 

当サイトでは、数あるネットファックスサービスの中から、
下記の5つの主要サービスをピックアップし比較してみました。

 

eFax PamFAX MESSAGE+ KDDIペーパーレスFAX Toones BizFAX faximo

efax

PamFAX

MESSAGE+

kddi

toones

bizfax

faximo


eFax
公式サイト



PamFax
公式サイト



MESSAGE+
公式サイト



KDDI
公式サイト



Toones
公式サイト



BizFAX
公式サイト



faximo
公式サイト


《初期費用》
無料
《初期費用》
無料
《初期費用》
年払い:無料
月払い:1,050円
《初期費用》
1,050円
《初期費用》
1,050円〜
希望番号により変わる
《初期費用》
1,050円
《初期費用》
1,134円
《月額料金》
30日間無料
その後
年払い:
1,000円/月
月払い:
1,250円
《月額料金》
895円/月
《月額料金》
年払い:
792円/月
3000pt付き
月払い:
950円

60日間無料
《月額料金》
997.5円/月
《月額料金》
980円/月
《月額料金》
1,050円/月
《月額料金》
請求書付:
1,134円
請求書レス:
987円
《受信料金》
毎月150枚まで
無料

150枚以降10円/枚
《受信料金》
無料
《受信料金》
無料
《受信料金》
無料
《受信料金》
無料
《受信料金》
無料
《受信料金》
毎月
1000枚
まで無料

1001枚以降
9.45円/枚
《送信料金》
毎月150枚まで
無料

150枚以降
10円/枚
《送信料金》
9円/枚
《送信料金》
年払い:
15pt/枚
月払い:
16円/枚・15pt/枚
※メッセージプラス同士は無料
《送信料金》
15.75円/枚
《送信料金》
13円/枚
《送信料金》
約2.1円〜/枚
《送信料金》
約14.7円(上限1200枚)
《FAX番号》
全国54都市の市街局番から選べる
《FAX番号》
03
《FAX番号》
050
《FAX番号》
050
《FAX番号》
050/関東・関西の主要市街局番
《FAX番号》
050
《FAX番号》
03

 

一番オトクなのはで便利なのは・・・この2つ!

 

上記をまとめると、やはりずば抜けて料金が安いのサービスの1つは「eFAX」です!

 

eFAXは150枚までなら、送信も受信も完全無料なので、月額料金しかかかりません。
さらに、東京03や大阪06はもちろん、全国主要都市の市外局番から好きな番号を選ぶことが出来ます。
会社で利用したい方や在宅でお仕事をされている方にとっても非常に便利ですよね。

 

また、スマートフォンや携帯電話でも送受信が出来ますし、iphoneアプリ・アンドロイドアプリ共に完備しています。

 

eFAXアプリ

 

さらに、送信出来るデータは、jpg、gif、pngなどの画像データから、PDF、Word、Excel、PowerPointなど、良く利用される主要なデータ形式に対応しています。

 

サービス・料金共に非常に使い勝手の良いeFAXですが、
トライアルで30日間完全無料で試すことが出来ます。
解約料も無料なので、インターネットファックスに興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?

 

eFAXフリートライアルはこちらの公式サイトから申込みが出来ます

 

>eFAX30日間無料トライアルはこちら!

 

そして2つ目は「メッセージプラス」ですね!

 

メッセージプラスは送信料が16円(15pt)かかるものの、メッセージプラス同士は無料なので、社内ネットワーク等で使う際は絶対にお得です!
さらに年払いなら最初に3,000ポイント付いてくるので、最大で200枚は無料で送信出来るんです!
さらにさらに、今ならなんと月額料金プランを選ぶと、60日間無料というから驚き!

 

電話番号は050の番号しか選べないのが残念ですが、こちらも解約料はかかりませんから、ぜひ試してみてくださいね。

 

>メッセージプラス60日間無料トライアルはこちら!

◆インターネットファックスサービスって?

 

これまでは紙で送っていたFAXが、インターネットを利用して、パソコンやスマートフォン、携帯電話だけでFAXの受け取り・送信がということで、新たな通信方法として注目されています。紙資源の節約という意味でも期待したい分野なのではないでしょうか。

 

FAX機からインターネットFAX

 

そんなインターネットファックスの最大のメリットは、やはりどこにいてもFAXを送受信出来ることです。
特に仕事でファックスをよく利用する方でしたら、出先や旅先で、急にファックスを見なければならなかったり、
送らなければならなかったりという時にわざわざ会社に戻ることなく、その場で簡単に操作が出来てしまいます。

 

さらにメリットを挙げるとすれば、経費削減が挙げられます。
ファックス機は意外と高いですし、メンテナンスもしなければなりませんよね。
加えてインク代やペーパー代もかかります。

 

経費削減のために、もうファックスはやめてすべてメールでのやりとりをしたいけれど、
相手先がまだファックスのやりとりを希望している…という企業の方に特に支持されています。

 

 

◆インターネットファックスサービス各会社の特徴

 

ここからは、主要なインターネットFAXサービスの特徴や料金について少し説明していきます。

 

eFAX

 

まず「eFAX」の基本月額料金は1,250円(税抜き)となっておりますが、
年払いとして、1年分を1度にまとめて支払いますと12000円となるため、
その場合には実質的な月額料金は1000円となります。

 

さらに「eFAX」は受信料金・送信料金ともに1ヶ月間で150枚までは無料であり、
151枚目から1枚あたり10円の価格となります。
初期費用もかからず、申込後即利用出来ることもありがたいです。

 

Massage+

 

Massage+は、eFAX同様、各種スマホアプリに対応しており、非常に便利なサービスです。
年払いですと月々792円というお得なお値段で、3000pt(3000円相当)がついてくるのでも嬉しいですね。

 

また、MESSAGE+同士はFAXの送受信が無料ですので、
例えば社内のみで活用すれば基本料金のみで利用でき、大幅なコスト削減を図ることができるでしょう。

 

eFAXとの違いを挙げるとするならば、月払いだと初期費用がかかってしまうこと、電話番号を「050〜」しか選べないこと、
ポイント制を採用していること、送信料金が少し高いところでしょうか。

 

ポイント制ですと、先にまとめてポイントを購入する必要があるのが、少々面倒ですが、ポイントを多めに購入するとお得になる点も見逃せません。

 

PamFAX

 

fax

続いて「PamFAX」です。「PamFAX」の月額料金はBasicプランが594円でProプランが895円となります。
ベーシックプランとプロフェッショナルプランの違いとしては、FAX履歴がベーシックですと30日間までしか見ることが出来ませんが、
プロフェッショナルプランだと無期限で閲覧可能となります。

 

送信料金はBasicプランが1枚あたり14円で、Proプランが1枚あたり9円となっています。
PanFAXは少ない枚数を送信したい時などに便利なのですが、海外のサービスなので、サイトが日本語対応があまりなされておらず、また、頻繁に値段が上がるので、少し注意が必要です。

 

KDDIペーパーレスFAX

 

「KDDIペーパーレスFAX」の月額料金は950円です。送信料金は1枚あたり15円となっています。ただしサービスユーザー間やKDDIの050番号に対しては無料となっています。

 

Toones

 

「Toones」は、ポイント制を採用しており、基本は1ポイント1円となります。
月額料金はSOHOプランが498円で、Basicプランが798円、Bizプランが980円となっています。
送信料金はSOHOプランが10円、Basicプランが37円、Bizプランが13円となっています。
受信料金はSOHOプランが13円、Basicプランが3円、Bizプランは無料となっています。

 

料金はわりかしお得なのですが、スマホアプリに対応していないのが残念ですね。

 

BizFAXストレージ&リモート

 

「BizFAXスマートキャスト」の月額料金は1050円です。
こちらは送信料が約2.1円〜と一見安く見えますが、FAX専用の050という番号を利用する方法であり、
メールなどが利用出来ないのが難点です。
また、FAXの受信・送信を専用WEBページにログインし行えわなければならず、少し面倒というデメリットがあります。

 

faximo

 

「faximo」はの最大の特徴といえば、FAX受信料が1000枚まで無料なことではないでしょうか。
FAX番号は03〜となるため、受信量の多い東京都の会社や事業所の方に人気です。
煩わしい設定などもなく、サービス申し込み後からすぐに利用可能となっています。
初期費用、月額料金共に1,134円が掛りますが、相場料金よりは若干高いですね。

 

FAXCAST

 

「FAXCAST」は先程の法人向けなfaximoとは違い、個人事業と法人ビジネス向けのプランに分かれており、
サービスやオプションをカスタマイズしながら、利用することができます。
受信と送信のサービスが分かれているため、どちらかのみを利用することが出来ます。。

 

送信サービスは初期費用が無料、個人向けのベーシックプランが月額525円、法人向けのコーポレートプランが月額1050円です。
送信料金は1枚24円と割高なのが残念です。

 

受信サービスは初期費用がかかり1050円、月額も2300円と非常に高いです。
ただ、受信は100枚まで無料となっていますが、それにしてもコストパフォーマンスは悪いですね。。

 

モバイルFAX

 

最後は「モバイルFAX」です。営業職や、ノマドスタイルで働く人であれば、モバイルFAXはお勧めです。
FAXの送受信を行う端末は、スマホか携帯電話(ガラケー)となりますが、
移動中にFAX内容をチェックしたり、送受信を行いたい人に適しているでしょう。

 

頻繁にFAXの送信を行う場合は送信量が約25〜50円なのでコストが掛りますが、
受信メインであれば月額315円で受信料は無料で利用できます。

 

ただし、ガラケーは機種によって送信が出来ない場合もあるので確認してみてください。

 

 

このように、各社ごとによって、サービス内容や得意分野、料金体系が全く違います。
無料お試し期間が設けられている場合は、積極的に利用してから契約するようにしてみてくださいね。


ネットファックスとは ネットファックスの仕組み ネットファックスのメリット ネットファックスのデメリット